原因の特定後に的確な検査|体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す

体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す

親子

原因の特定後に的確な検査

医者

まずは検査から

不妊の原因は個々で異なっているため、不妊治療はまずはその原因を特定するところから始められます。また、男性と女性とで特定のための検査方法も異なっています。女性の場合は、具体的には超音波検査や血液検査がおこなわれます。超音波検査では、子宮や卵管に問題がないかどうかを、血液検査ではホルモンの分泌量について、それぞれ調べることができます。男性の場合は、過去の病歴から不妊となる可能性があるので、まずはそれをチェックすることになります。その後、精子を採取し、その運動率を調べるのです。またフーナーテストといって、性交渉後の女性の子宮頚部から、粘液および精子を採取して、それぞれの状態を調べるという検査がおこなわれることもあります。いずれの場合も、問題があった場合にはそれに応じた不妊治療が開始されます。

具体的な治療内容

具体的には、超音波検査の結果、子宮内の良性腫瘍が発見された場合には、それが手術で摘出されます。卵管の通りが悪い場合には、細い管を挿入することで詰まりを除去するのです。こういった不妊治療により、子宮内や卵管内を、精子や受精卵が移動しやすくなれば、妊娠の可能性が高まるのです。また、ホルモンの分泌量に問題があると、そもそも排卵がおこなわれにくくなります。したがってその場合の不妊治療では、ホルモン剤によって分泌量のバランスが整えられます。さらに、男性の精子の運動率に問題があった場合にも、ホルモン剤が使われます。これによって運動率が改善されなかった場合には、不妊治療は人工授精へとステップアップすることになります。精子の中でも比較的運動率が高いものを選び、女性の子宮に入れることで、精子が自ら多く運動しなくても卵子までたどり着けるようにするのです。

Copyright© 2016 体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す All Rights Reserved.