妊婦と胎児の健康のために|体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す

体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す

親子

妊婦と胎児の健康のために

婦人

時期別に与える効果

葉酸は妊娠前から摂取しておきたい大切な栄養素のひとつで、胎児と妊婦に様々な良い効果を与えます。妊娠前に葉酸を摂取することで貧血や流産を予防し、免疫力を高める効果があると言われています。胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期は、葉酸が細胞の分裂や増殖を促すので、胎児の成長にとても大切です。この時期にしっかり摂取しておくと、胎児の先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを軽減してくれます。授乳期の赤ちゃんは、まだまだ細胞分裂が活発なので成長を促す葉酸が欠かせません。他にも、母乳の出を良くする効果があるので、母親が摂取した葉酸を母乳からしっかり赤ちゃんに届けることができます。妊娠前から授乳期まで葉酸は欠かせない大切な栄養素なので、積極的に摂取することが大切です。

過剰摂取による副作用

葉酸は胎児と妊婦に必要な栄養素ですが、野菜などに含まれる葉酸は熱や水で調理をすると約半分の栄養素が失われます。食品だけでは補えない葉酸をサプリメントから摂取することを厚生労働省が推奨していますが、摂取量を必ず守ることが大切です。葉酸は必要な栄養素ですが、過剰摂取をしていると様々な副作用が出る可能性があります。副作用として吐き気や倦怠感、むくみや痒み、稀に呼吸障害や発熱などの健康を損なう症状が現れる場合もあります。1日に決められた量を摂取することで、胎児と妊婦の健康が守られることを忘れずに、過剰摂取した場合の副作用を知っておくことも必要です。摂取量をきちんと確認し、過剰摂取しないように注意することも健康な赤ちゃんを産むために大切なことです。

Copyright© 2016 体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す All Rights Reserved.