治療に臨むカップルは多い|体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す

体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す

親子

治療に臨むカップルは多い

カップル

色々な治療法

昨今では、結婚年齢の晩婚化から、不妊に悩むカップルが増えています。通常、結婚すると半年で7割、1年で9割の確率で妊娠するといわれています。不妊とは、結婚して数年が経過しても妊娠できない場合を呼びます。大阪のクリニックでは、妊娠を望むカップルのために不妊治療を行っています。まず、最初に行う不妊治療がタイミング法と呼ばれるものです。これは、まず女性のおりもの、卵胞の大きさなどから排卵日を正確に把握します。そして、その日に夫婦生活を営むことで自然妊娠を目指す方法です。タイミング法を半年やって効果が無い場合は、大阪のクリニックでは人工授精が適用されます。これは、男性の精液を女性の子宮内に注入する不妊治療です。それでも効果がなければ、精子と卵子を受精させて子宮内に戻す体外受精を行います。

クリニック選びのコツ

不妊治療を行っている産婦人科クリニックは、大阪を探せば数多くあります。良質な治療を受けるためには、必ずAMH検査を行っているか確認するべきです。これは、卵巣の中にある小卵胞から分泌されるホルモンを検査することです。AMHが低下すると、採卵数、受精卵数、妊娠率が低下してしまうといわれています。つまりは、AMHの数値で、妊娠のしやすさ、現在の卵巣の状態を正確に把握できるのです。不妊治療の成功に大きく関わってくるので、絶対に必要な検査といえます。AMH検査を行うクリニックは増えつつありますが、大阪にはまだ取り入れてない所も多いです。不妊治療の効率化を考える上では非常に効果的な検査なので、確認するといいです。

Copyright© 2016 体外受精という望みがある|二人に希望の光が射す All Rights Reserved.